前へ
次へ

ビタミンaが配合された化粧品の効果

ビタミンaは、脂溶性のビタミンの一種で、レチノールとも呼ばれます。
ビタミンaには、皮膚の健康を保ち肌のターンオーバーを活発にする作用があります。
また、真皮でコラーゲンを生成する線維芽細胞の働きも高めてくれます。
そのため、ビタミンaを配合した化粧品には、肌荒れやニキビや乾燥肌、日焼け後のケアなどの皮膚修復機能が期待されています。
また、加齢による角質硬化を予防したり、しわを改善するといったアンチエイジング効果も高いとされます。
さらに美白効果も注目されていて、皮膚科でシミの軽減に処方されることもある成分です。
ビタミンaは酸化しやすいため、化粧品に使われる時には酢酸レチノールやパルミチン酸レチノールのように安定した化合物として配合されることもあります。

基礎化粧品とビタミンa

基礎化粧品には、ビタミンaが配合されているものが多くあります。
なぜならビタミンaには、肌の健康状態を良くする作用があるからです。
具体的には、摂取することで肌が強化されます。
すると免疫力が高くなり、雑菌の侵入が阻害されます。
それにより、ニキビができにくくなります。
また、乾燥を防ぐ作用もあります。
摂取することで肌はカサカサとした状態になりにくくなります。
肌のヒビ割れによるシワも、できにくくなります。
ビタミンaは、動物のレバーに多く含まれています。
肌のためとはいえ、毎日大量にレバーを食べることは困難です。
カロリーの過剰摂取になってしまうこともあります。
しかし基礎化粧品なら、食べることなく肌にビタミンaをたっぷりと与えることができるのです。

Page Top