前へ
次へ

微生物の発生を防ぐ防腐剤

化粧品の成分が微生物によって痛むのを防ぐのを防腐剤といいます。
防腐剤が配合される理由に、化粧品の成分には水と油脂、グリセリンやアミノ酸誘導体などが入っており、微生物にとって絶好の繁殖スペースであるということです。
薬事法により、未開封で3年間品質を保ち、また封を切ってからも微生物への対策をしなければなりません。
これらの条件を満たすのに、効果的で低コストなものが防腐剤になります。
防腐剤として有名なのがパラベンになります。
このパラベンはアレルギーを引き起こす成分に指定されています。
無添加の化粧品が流行しており、パラベンフリーとかかれた化粧品も多くみられるようになりました。
次に多く使用されるようになったのがフェノキシエタノールです。
刺激性がパラベンよりも少ないようですが、防腐作用が弱いため多量につかわなければいけません。

微生物の繁殖を防ぐ防腐剤

水や油脂、糖類、グリセリンなどが配合されていることが多い化粧品の場合、保存状態によってはカビや微生物の温床となってしまう可能性があります。
それを防ぐために多くの化粧品には防腐剤などが配合されているわけです。
もちろん、最近では防腐剤などが配合されていないタイプもありますが、その場合には常温では保存することが出来ない場合があります。
また、一般的な化粧品よりも使用期限が短く設定されている場合もあります。
化粧品に使用されている防腐剤としては、パラベンや安息香酸、安息香酸Na、デヒドロ酢酸Na、ヒノキチオールなどがあります。
防腐剤が気になるという場合には、原材料の表示をチェックしてみると良いかもしれません。

Page Top