前へ
次へ

化粧品コーナーにいる美容部員について

デパートの化粧品売り場やドラッグストアなどにいる美容部員から、実際にカウンセリングを受けたことがある方は多いのではないでしょうか。
美容部員は女性が多いイメージですが、現在は男性の方も少しずつ増えてきました。
美容部員になるために特別な資格などはいりませんが、入社後には肌やメイクについて美容に関することを幅広く学び、その後も定期的に勉強をしながらお客様のために適切なアドバイスができるスキルを確実に身に付けていきます。
日々美について学ぶ美容部員は、美に関するスペシャリストともいえます。
自分の肌に合った化粧品を探したい、肌のトラブルを改善したい、最近流行のメイクに挑戦してみたいなど、どんなことにでも対応する力を持っています。

美容部員の仕事の内容

美容部員とは、デパートなどの化粧品売り場で化粧品の販売をしているスタッフのことです。
単に販売員としてレジ打ちをするだけではありません。
来店する客に商品を勧めることも、美容部員の仕事のひとつです。
どのような化粧品を求めているのか、どのようなスキンケアを望んでいるのかなどを聞き出し、その上で最も適していると考えられる商品を紹介するのです。
さらに、使い方のアドバイスもおこないます。
要望だけでなく肌質や顔立ちなども考慮した上で、美しくなるための的確なアドバイスをするのです。
実際に商品を使って、客にメイクやスキンケアをほどこす場合もあります。
つまり美容部員は、客に化粧品の素晴らしさを理解してもらうためのスタッフと言えます。

Page Top