前へ
次へ

化粧品の微生物検査について

化粧品を製造する工場などでは、製品の中に微生物(細菌やカビなど)が混入していないかを調べなければいけません。
微生物が混入していると化粧品そのものの変質(腐敗)させたり、それを使用したお客さんに対して悪影響を及ぼす可能性があるからです。
そのため製造現場では徹底した品質管理が行われており、微生物が混入してい内科を調べるために微生物検査が行われます。
製品を微生物が生育しやすい環境に放置し、微生物が増殖しないかを確認します。
化粧品は必ず微生物がいない状態、すなわち無菌状態でなければならないのです。
しっかりとした品質管理が行われている企業の製造する化粧品であれば、間違いなく微生物検査をしているはずなので、安心して使用できます。

輸入化粧品の検査について

化粧品を安心安全に使うために、微生物試験や安全性試験などがあります。
特に輸入化粧品が販売されるときには、これらの私見を受けていることが必要です。
輸入化粧品販売までの流れは、サンプル品に対し、成分分析を行っていきます。
微生物検査では、最近や真菌の菌数を測定したり、大腸菌や黄色ブドウ球菌緑膿菌、カンジダなどが含まれていないかの特定微生物試験、PCRによる菌種同定や抗菌力の評価試験、防腐効果の評価試験などがあります。
さらに、安全性試験や安定性試験、企画試験、その他医薬部外品企画試験や光陵定性分析、異物分析、クレーム品分析などがあります。
こういった一連の成分分析を行った後、行政への販売提出をし、通関に通し、品質管理や表示検証して初めて販売できます。

Page Top