前へ
次へ

化粧品には微生物混入の危険性があります

化粧品には微生物が混入、繁殖する危険性があります。
化粧品の成分が微生物の栄養源となるからです。
微生物の汚染には、製造工場などで原材料が汚染される一次汚染と、購入者が開封し使用してからの二次汚染があります。
つまり、購入者が使用している間に、指などから化粧品に雑菌が混入することです。
清潔な指で使用することを製造者は注意書きで促しています。
また製造者は、防腐剤の配合を適切に行い、使用する容器が直接指に触れない形態にするなどの防止策を施す責任があります。
微生物が混入、繁殖すると、化粧品の変色や異臭などが発生します。
異変に気づかず、雑菌が混入している品を使うと、皮膚障害などの異常が起きます。
製造者に責任があるとともに、使用者も注意書きに従って使用する責任があります。

あらゆる業種用の精密加工機を製作できます
高い技術力をもとに、依頼のあったお客様それぞれのお困りごとや自動化に対応できる機器を製作します。

化粧品と微生物の関係

市販されている化粧品のほとんどには、防腐剤が添加されています。
化粧品には水分や油分が豊富に含まれています。
さらに、皮脂がついた状態で継続して使用されたり、目など粘膜の近くで使用されるため、微生物が繁殖しやすい環境といえます。
そして、そういった微生物の中には、強い毒性があるものも存在します。
特に目元に使用する化粧品の微生物汚染による事故は、重篤な健康被害を引き起こした例が報告されています。
したがって、細菌感染などの健康被害を未然に防ぐ必要があります。
コストを抑えつつ効果的に品質を安定させるためには、防腐剤を使用することがもっとも手軽な手段として知られています。
そうすることで、消費者の手に届くまでに品質を保つだけでなく、使用する過程で入り込んだ微生物の繁殖を防いだり死滅させたりすることが可能になります。

Page Top